帰宅困難社員の保護や一時避難のための準備はどうでしょうか?

大規模災害発生時には、従業員をすぐに帰宅させるにではなく、
事業所内に待機させる考え方が主流になりつつあります。
最低3日間、寝泊りができる準備をしなければならないという法令が施行されている都市もあります。

次のような物品が必要となるでしょうhinan1

食糧、水、寝具、非常用トイレなどとその保管倉庫。
発電機、投光器、燃料用携行缶。
トランシーバー、無線機、ハンドマイク等情報用具。

機械、机、諸設備の転倒防止。
窓ガラス、照明器具の飛散防止。

date()