トヨタ防災は、自動火災報知設備や自動消火設備などの消防設備の設計・施工から保守・点検、消火器や消火栓などの消防用品・非常食などの防災用品を販売しています。
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 消防関連情報

消防関連情報

火災報知機も進化しています。

火災報知機といえば、ぐっと飛び出した赤い円形の報知装置に、胸でピコピコ光るウルトラマンのランプのような表示灯のついたものが定番でした。 グッと押し込んでボタンを押すタイプです。       …

消火器のリサイクルで肥料!?

平成26年度に生産された消火器の本数は、なんと約568万本です! そして、古くなった消火器の回収本数は462万本!回収率は過去最高の81%でした。 回収された廃消火器の91.7%は再資源として有効利用されています(平成2 …

消防庁と国土交通省が4月12日「埼玉県三芳町倉庫(アスクル)火災を踏まえた防火対策及び消防活動のあり方に関する検討会」の第2回会合を開催

アスクルの倉庫火災について、2~3階の防火シャッターの6割以上が閉まらなかったことが、大きな被害となったと想定されるということが明らかにされました。 その原因については、防火シャッターの配線が熱によりショートしたことやシ …

アスクル、最新の物流工場で起きてしまった大火災事故の問題点は?

3月29日に投稿した記事で、防火シャッターの点検について福岡市の病院での火災について書きましたが、アスクルの火災でも防火シャッターが閉まらなかったことが報告されています。防火シャッターが正常に機能するよう確実に点検すると …

福岡での病院火災を機に防火シャッターなどの定期検査が義務化。

建築基準法「防火設備定期報告制度」が改正されて、特定建築物指定建物に設置されている特定の防火設備について、国家資格者による検査を受けて報告することが義務づけられました。 法の施行は2016年6月ですが、3年に限り経過措置 …

アスクルの倉庫火災、スプリンクラーは一部に設置されていましたが・・・

アスクル倉庫では、スプリンクラーは建物全体ではなく一部にしか設置されていなかったようです(国内消防法では、一般に、高層ラックを除いて倉庫にはスプリンクラーは要求されないので法的な問題はありません)。しかし、今回の火災でわ …

優れた消防防災製品を推奨する制度があります。

一般財団法人 日本消防設備安全センターが行っている消防や防災に関わる製品を推奨する制度です。 『この推奨制度は、消防防災分野において有効に活用できると認められる製品及び高度な情報通信技術を用いたシステムを推奨し、消防機関 …

アスクルの倉庫火災から学ぶ初期消火の大切さ。

『アスクルの物流倉庫で起きた火災について、火災のメカニズムに詳しい東京理科大学の関澤愛教授は「倉庫火災では初期消火が何より重要だが、これができずに火の範囲が拡大したと思う。煙が充満して内部が暗くなり、中に入れないため、活 …

なかなか優れものの帽子!

先端部分と後ろからも確認ができるLEDランプ付の帽子があるんです。 消防団員の方にはもってこいですが、これは、一般の方にも便利ですよ。 災害時の作業はもちろんのこと、防犯や交通安全にも役立つと思います。  

やはり備えが大切ですね。

昨年末に起きた新潟県糸魚川市で起きた大火災。 周りの家のほとんどが焼失したにもかかわらず、奇跡的に残った家がありました。この家の方は、中越地震を目の当たりにしたことから、丈夫な家でなくてはと、特注で建てたんだそうです。 …

« 1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © トヨタ防災株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.