国土交通省によりますと「近年、福山市のホテル火災、長崎市のグループホーム火災、福岡市の診療所火災など、多数の死者が出る火災事故が続いています。これらの事故において被害が拡大した原因の一つとして、建築物が適法な状態で管理されていなかったことが掲げられていますが、こうした事態を踏まえ、今般、建築基準法を改正し(建築基準法の一部を改正する法律(平成26年法律第54号))、平成28年6月1日から、新たな制度が施行されることとなりました。」と新たな定期報告制度が施行されました。
弊社においてもこれに対応し、一級建築士事務所として登録し、この定期報告の調査・検査ができることとなりました。
定期報告についてもぜひトヨタ防災にご相談ください。

date()