昨年末に起きた新潟県糸魚川市で起きた大火災。
周りの家のほとんどが焼失したにもかかわらず、奇跡的に残った家がありました。この家の方は、中越地震を目の当たりにしたことから、丈夫な家でなくてはと、特注で建てたんだそうです。
これから家を建てようという方にとっては一考の価値がありますが、すでに住んでいる場合はどうしますか?

東京消防庁の資料によると初期消火で消火器が使われた率は20%程度だそうですが、消火器が使われたときの消火の成功率はなんと約80%もあるそうなんだそうです。

まずは、火災報知機の設置、消火器の設置から始めましょう。

写真は、12月29日「産経ニュース」より

 

date()